チラシの印刷を安く済ませる方法や、安い業者の選び方

記事リスト

配布することまで考える

印刷物

サービスを上手く活用

安くても品質に自信ありという印刷会社では、激安にてチラシ制作の依頼が可能です。もちろん、デザイナー・オペレーター・コピーライターによるデザイン性も加味できます。しかし、激安の理由を消費者は知る術がありませんから、安心して利用するためには、印刷サンプルの提供がされているところを選びましょう。流通量、価格の面で安定した用紙をバリエーション豊富に用意していれば、なおさらサンプルにて確認したいものです。ちなみに、印刷枚数は切りの良い枚数でなく、端数でも当然応えてくれます。激安を謳うチラシ印刷会社では、短時間・大量印刷を可能にするオフセット印刷が主流ですが、さらに折込チラシ印刷とするなら、定番・標準用紙のコート53kgがイチオシです。また、知っておいて損ではないのが、50kgまでの薄い用紙はコストが抑えめになりますが、はがき付チラシ印刷に用いるような厚い用紙は料金もそれなりに掛かります。また、激安であってもサービスが劣ることはありません。他社で作ったデータから印刷することも可能です。加えて、一部修正も可能ですから、一新するより遥かに安くできるはずです。ということは、データ無しの手持ちのチラシ印刷が可能になるということです。また、折込チラシなどの制作に特化しているならば、印刷後の配布などの手配まで担う印刷会社もあるということも知っておきましょう。ポスティングサービスが一例で、消費者の手元に確実に届けられます。即効性を謳うチラシ印刷であっても、目的に合わせた日時、その地域に配布できなければなりません。納品スピードも鍵を握りますが、激安を謳うだけあって、短納期をモットーにする印刷会社ばかりです。